リスケはデメリット大きい

リスケってご存じですか?返済が困難なとき、毎月の返済額を少なくして、その分、完済までの時期を延ばしてもらう方法のことを指すリスケジュールの略となりますが、ハッキリ言って辞めたほうが良いと思います。なにせデメリットが大きすぎます・・・。

いくつかあるのですが・・・

・新規の融資が困難になる
リスケをした後、新たに新規の融資をお願いしたい場合、ほぼ無理になります。それどころかリスケをお願いしてくる時点で銀行から見たら「かなり良くない」という判断をするので回収強化される危険性すらあります。

・借入先からの評価は限りなく下落する
借入先からの信頼度はもうナシに等しいぐらい下落します。今後もそことのお付き合いを考えるのであれば、新しいところから借りてでもリスケを避けることをおすすめします。地域密着型の企業が地銀から借りていて、その地銀にリスケを申し込んだ場合などは特にダメージが大きいと思います。

・保証協会付きの場合、改めて保証料が必要となる
保証協会が付いている場合、新たに保証料が必要となってくるのでかかるお金が大きくなります。

・追加での担保が必要となる
リスケは相手のほうが圧倒的に立場が上となるうえ、完済出来なかったときの担保を求められるケースが非常に多いです。

リスケするぐらいなら新たに借入する

その時だけで見たらリスケはとても良いと思うのですが、長期的に見るとこれだけデメリットが大きいリスケジュール(リスケ)

他からの追加借り入れをすることになったとしても出来る限り避けるほうが得策です。実は私もピンチになったとき本当はリスケを真っ先に考えたのですが、上記のようなデメリットがあまりにも大きいため辞めたんですよね。いまでもそれは正解だったと思います。

「けど、いまのお金が無いからどうしようもない!」といった方には、私も借りたビジネクストをおすすめします。無担保で借りることが出来るし、事業者で使うための資金であれば、総量規制など関係なく追加借入可能なので、万が一困ったときにおすすめですね。

私はこちらのビジネクストで困ったときだけ何度か借入しながら、会社を立て直していきました。

もう、本当にどうしようもない

自分でリスケするよりも事業再生などを行っている士業の専門家にご相談することをおすすめします。自分よりもはるかに知識が豊富なので、リスケに関しても良いアドバイスを頂けます。ちなみに私も相談したのですが、その結果、逆にリスケをやる気無くなって辞めたんですけどね。

私が相談させて頂いたのはジャパンネット法務事務所さんですね。

絶対にやってはいけないこと

やってはいけないと思うのはやっぱり生半可な知識で以上のようなデメリットを知らないまま、借入先に即交渉に行ってしまうことですね。ジャパンネット法務事務所のように事業者向けの借金の債務整理に特化した専門事務所にご相談することをおすすめします。

ビジネクスト

関連エントリー


 
Copyright © 2012 日本政策金融公庫や銀行から追加融資を受けられないときどうする?. All rights reserved