日本政策金融公庫から追加借り入れ

何か事業をしている方が資金が必要になったとき、日本政策金融公庫からお金を借りるってケースはとても多いと思います。年間の利息が約2%とかなり低いですしね。

基本的にはきちんとした事業計画書を出して、あとは審査が通れば問題無くお金を貸してもらえます。たまにIT関連とかでよくあるのですが、ちょっとわかりずらいモノを提出すると、普通に審査に落とされることもあるみたいですが、税金の申告などをしっかりしており、黒字経営であればほぼ大丈夫だと思います。

事業自体がまだ始まっていなくてもまず大丈夫だと思います。

お金が困ったから追加借り入れしたい!

事業を行っていく中で、急に資金が必要になることは多々あります。これは売上があがっていて黒字経営でもそうですね。黒字でもお金が足りないことって本当に多いですから。

よくあるのが事業が順調なので新しい店舗をオープンしたいといったときですね。このときは日本政策金融公庫も特に問題なく追加で貸してくれると思います。審査で困ることも特にないでしょう。

万が一、借りれなかったとしても黒字で経営もしっかりしているのであれば、地元の銀行が貸してくれると思います。

しかし、こういった事業が順調で追加借り入れしたいときと違い、会社の売上が急激に悪くなって、追加で資金を借りたいのでといった場合、追加での借入はかなり難しいと思います。

私自身、経験があるのですが、最初は400万円なんとなく借りていただけなのに、急に困って追加で300万借りるときの担当者の目の冷たさはいまでも忘れることが出来ませんね。最初のときはあんなに笑顔だったのに・・・。

銀行にも一度、相談してみてそちらでも無理そうであれば、事業者向けの融資を担保ナシでもやってくれるところがあるので、そちらに相談してみることをおすすめします。即日なうえ、追加での借入もしやすいので多少、金利は高くなるのは仕方がないとわりきってご相談してみてはいかがでしょうか?

個人的にも以前、ものすごく困ったとき色々と相談したり調べたり、そして借りたりもしたのですが、住友信託銀行系グループのビジネクストという会社のサービスが一番良かったですね。

大手銀行の事業者向けローンは審査も長い割に普通に落とされるので困ったりした経験しか思い出にありません・・・まぁ、それだけウチの会社がそのときはヤバかったというのもありますが(^^;

ビジネクスト

関連エントリー


 
Copyright © 2012 日本政策金融公庫や銀行から追加融資を受けられないときどうする?. All rights reserved